芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 胃がん > 佐藤B作が胃がんを克服

佐藤B作が胃がんを克服

佐藤B作(胃がん)

2007年、俳優の佐藤B作さんが人間ドックで初期の胃がんが判明した。

B作さんは胃がんの前兆としてお酒が次の日に残ることが多かったと話している。



舞台で共演した中村勘三郎さんからすすめで人間ドックを受けたことで初期の胃がんが発覚。

病気発覚時、B作さんは劇団の地方公演の座長だったこともあり、治療が2008年の5月まで引き延ばすことになります。

その後、予定通りに胃の3分の2を切除する手術が行われ、術後3週間の入院生活となりましたが、病院からドラマ収録に通っていたといいます。

同年8月の舞台に向けてウォーキングなどリハビリに励んでいましたが、思うように体力が回復しなかったことから12年間主役を務めてきた舞台を降板しています。

その後、手術から10カ月経過した2009年3月に食道に転移が見つかり、直ぐに手術が行われました。

その後、再発予防で放射線治療と抗がん剤治療を受けることになるのですが、激しい副作用から途中で中断されています。

そして翌年に再び異常が見つかります。3度目の手術を受けられましたが腫瘍は幸い良性でした。

3回目の手術後、出演中の舞台は全て降板されて、治療に専念されています。

後にB作さんは「命には限りがある。がんになって初めて自覚した」とコメントしている。


スポンサーリンク
HOME