芸能人の病気まとめ、癌や難病

*

芸能人の病気まとめ、癌や難病

有名女優やアイドル、ミュージシャン、スポーツ選手といった芸能人が告白した病気の知られざる闘病生活を紹介。癌(がん)、白血病、難病、心筋梗塞、脳梗塞、パニック障害など病気の発症時から治療に至るまでを詳しく解説。

スポンサーリンク


関連記事

王貞治

王貞治が胃がんを克服

ソフトバンク球団会長の王貞治さんが胃がんの全摘出手術を受けたのは今から10年以上前になります。 2006年の7月、主治医の北島正樹さんによる医師団との記者会見にて発表されました。 当時、王さんは67歳…

癌を告白した芸能人
小橋健太,腎臓がん

小橋健太が腎臓がんで片方の腎臓を摘出

2013年にプロレスを引退した小橋健太さん。当時の所属していた「ノア・プロレスリング」の定期健康診断で腎臓がんが発見されました。 2006年、当時39歳だった小橋さんの腎臓に見つかった腫瘍は約4センチ…

癌を告白した芸能人
EXILE,MATHU,ベーチェット病

EXILEのMATHUがベーチェット病を告白

EXILEメンバーとして活躍されているMATHUこと松本利夫さんは32歳で自らが奇妙な病に侵されていることを知りました。その病名はベーチェット病。 彼の母親の話によると高校生時分からベーチェット病をす…

難病を告白した芸能人
芳根京子

芳根京子が難病のギランバレー症候群を告白

女優の芳根京子さん(当時18歳)がギランバレー症候群であったことを2015年11月に自身の公式ブログで告白されています。 ブログでの質問コーナーで大病を患うファンからの質問に対し、自身も難病にかかった…

ギランバレー症候群
仁科亜希子

仁科亜希子が4度目となる大腸がんを克服

女優の仁科亜季子さんが、子宮頸がん、胃がん、GIST、大腸がん…と4度目のがんを患っていたことを告白されています。 仁科さんがはじめてがんを患ったのは38歳の時でした。 子宮頸がんのため、子宮、卵巣、…

癌を告白した芸能人

大塚範一が急性リンパ性白血病で緊急入院

元NHKのアナウンサーであり、のちに民放に移籍したアナウンサーの大塚範一さんは朝の情報テレビ番組で一躍人気者となり、広く「朝の顔」として知られるようになりました。 ところが17年間もの間大活躍していた…

癌を告白した芸能人