芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 難聴・メニエール病 > ハイヒール・モモコがメニエール病を告白

ハイヒール・モモコがメニエール病を告白

ハイヒール・モモコ(メニエール病)

タレントのハイヒール・モモコさんが、子育てエッセー「祝。福」の発売記念サイン会を開催し、過去に自信が「メニエール病」を経験したことを告白。

また、エッセイの中でも自らが闘ったメニエール病について明かしている。ハイヒールを結成した2年後の20歳で病気を発症し、24歳には治ったと説明している。



モモコさんはメニエール病の症状について、地震でも起きているのではと思うほどのめまいに襲われ、さらに帰宅後は耳鳴りがはじまり、気分が悪くなったモモコさんは嘔吐したという。

モモコさんが発症した時代は、まだ詳しい治療法がなかったことから「(当時は)自分も若いし、めまいが起きたら病院に行って点滴を打ったり、薬を飲んだりしながらすぐに治る感じで、何回か通ってだいぶおさまったんです」と約7年間ほど通院を繰り返していたという。

ハイヒールモモコその後、症状は落ち着いていましたが、モモコさん38歳の時「子どもにミルクをあげようかなと思ったときにグランとめまいが起きたんです。『メニエールや』って思ったんです」と再発について語るモモコさん。

現在は症状が落ち着いており「治まってきたので漫才も復活して、今も舞台に月10回は出るようにしています」と語る。

薬に関しては現在もお守り代わりに常備しているという。


スポンサーリンク
HOME