芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 膵炎・膵臓病 > 福田充徳(チュートリアル)が急性膵炎を告白

福田充徳(チュートリアル)が急性膵炎を告白

福田充徳(チュートリアル)(急性膵炎)

チュートリアルの福田充徳さん(当時35歳)が2011年1月に腹痛を訴え、病院に緊急搬送されました。

病院の医師から告げられたのは急性膵炎(きゅうせいすいえん)で、アルコールの大量摂取が原因でした。



この腹痛について福田さんは、突然みぞおち付近に痛みが起こり、内臓を剣山で叩かれているような激痛だったという。

大のお酒好きだという福田さんは「毎晩、浴びるように酒を飲む。記憶なくすまで(飲んだ)」と話している。

チュートリアル 福田とくに焼酎をロック割が好きだった福田さんは、わずか1時間でビールを2リットル(500ミリ缶4本)+焼酎ロック3杯はいけるという飲みっぷり。

性膵炎の治療は、絶飲食に限りなく近い食事制限とアルコール摂取の禁止になります。

入院治療を終えた福田さんは、同月28日にはテレビのバラエティ番組で復帰しましたが、1か月で15キロも痩せた福田さんの姿はまるで別人のように変貌(激やせ)し、番組の共演者だけではなく世間でも話題になりました。


スポンサーリンク
HOME