芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 胃がん > 市村正親が胃がんを克服

市村正親が胃がんを克服

市村正親(胃がん)

2014年7月27日、俳優の市村正親(当時65歳)に早期の胃がんが判明。都内の病院に入院するとに所属事務所を通じて発表がありました。

市村さんは今年の6月の後半から体調不良を訴えており、都内の病院を受診。急性胃炎の診断で入院されました。



その後の精密検査にて腫瘍が見つかり、病理検査の結果は悪性腫瘍(がん)。

最初は急性胃炎の診断でしたが、妻の篠原涼子さんが「すごい痛がっていて不安なので、いろいろと調べてもらえませんか?」と言ってくれたことから胃がんが発覚したという。

市川正親そのため、開幕したばかりのミュージカル「ミス・サイゴン」の全公演の休演が決定。

市村が演じるエンジニア役はすでに同役を演じている駒田一さんに加え、筧利夫さんが代役を演じました。

市川さんは都内の病院に約2週間の入院。早期の胃がんであったことから腹腔鏡手術が行われた。

退院後、市村さんは報道陣の前に「胃がんを克服して、復帰することができました」と元気な姿を披露している。


スポンサーリンク
HOME