ホーム > 難病を告白した芸能人 > ギランバレー症候群 > 芳根京子が難病のギランバレー症候群を告白

芳根京子が難病のギランバレー症候群を告白

女優の芳根京子さん(当時18歳)がギランバレー症候群であったことを2015年11月に自身の公式ブログで告白されています。

ブログでの質問コーナーで大病を患うファンからの質問に対し、自身も難病にかかった経験があると返答。

以前に1度だけ雑誌のインタビューの際、ギランバレー症候群を罹患していたことを話されています。
 

スポンサーリンク

芳根さんが中学2年生の時、手足に力が入らなくなり、病院で検査を受けたところギランバレー症候群であることが判明。

ギランバレー症候群は、筋肉を動かすための運動神経が傷害されているため、1年間程学校に通うのもままならない状態だったといいます。

芳根京子ギランバレー症候群という疾患が稀に命の危険もあると知った芳根さんは、これまで以上に命の重さを実感し、病気になったことで精神面で変化があったことを語っています。

難病に指定されているギランバレー症候群ですが、約9割の人が自然に治る病気でもあるため、芳根さんも完治されていることでしょう。

完治した時期など詳細は語られてはいませんが、ギランバレー症候群は発症から半年~約1年で完治する可能性が高く、1年間学校に通うことが難しかったと自ら語っていることから、芳根さんは約1年で完治したことが考えられます。

その後、持久走大会で1位になったこともあるほどの回復力を見せたそうです。

現在はNHKの朝ドラのヒロインを務めるなど、実力派女優としてドラマや映画に出演し活躍されています。
 

スポンサーリンク