芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 難病・奇病 > 国分太一(TOKIO)がデスモイド腫瘍を告白

国分太一(TOKIO)がデスモイド腫瘍を告白

国分太一※TOKIO(デスモイド腫瘍)

2015年9月15日、TOKIOの国分太一さん(当時41歳)が、突然の結婚記者会見を開きました。その会見の中で自身がデスモイド腫瘍を患い、腫瘍の摘出手術をしていたことを告白している。

番組内で「今でもこぶし大の穴が開いている状態。筋肉が再生することはない」と説明。2009年、国分さんが35歳の時にデスモイド腫瘍を発症しました。



当時、体の異変に気付いたのはTOKIOメンバーとお好み焼きを食べていた時に突然の腹痛に襲われ、転げまわるほどの痛みだったといいます。

病院で診察を受けた国分さんに告げられた診断はデスモイド腫瘍でした。この時、国分さんは「腫瘍と聞いて終わったと思った」と心境を話している。

国分太一既に腫瘍は既に拳(こぶし)大の大きさに成長しており、医師から摘出手術がすすめられたという。

デスモイド腫瘍とは「がん」とは異なり、良性腫瘍なので転移することはありませんが、放置していると他の臓器を圧迫して腹痛等の原因になることがあります。

年間発症者数は100万人中2~4人となり、完全な治療法が確立されていませんが、通常のがん治療と同様に、放射線治療・薬物治療・摘出手術が中心となります。

じつは2013年に番組内で病気について公表したそうですが、聞きなれない病名だったのかあまり話題にならなかったそうです。


スポンサーリンク
HOME