芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 難病・奇病 > キャシー中島がへバーデン結節を告白

キャシー中島がへバーデン結節を告白

キャシー中島(へバーデン結節)

タレントのキャシー中島さんが、へバーデン結節を発症したのは40代の頃でした。

へバーデン結節とは40代の女性が多く発症する難病とされ、人差し指から小指にかけて第一関節が赤く腫れたり曲がったりする原因不明の病気です。



痛みがある場合には、物を強く握ったり日常生活に支障をきたす事があります。

キャシー中島さんは「40歳になって直ぐの頃、ちょっと当たっただけで飛び上がるほど痛くて、どうしたんだろうと思っていました」と発症当時の様子を自身のブログで綴っています。

キャシー中島その頃、ある有名な漫画家が自分と同じ症状の病気で闘病していることを雑誌で知り、自身がへバーデン結節であることを知ったといいます。キャシーさんは、その漫画家が愛用していたというサプリを購入して試したところ痛みが和らいだといいます。

その後、2年毎に痛む指が増えていき、2015年4月には「今では7本の指がへバーデン結節になってしまいました」とブログで明かしています。じつはキャシー中島さんのお母様も祖母もへバーデン結節を患っていたそうです。

このへバーデン結節の遺伝するといったデータはないそうですが「親や家族にへバーデン結節の人がいた」というケースはあるようです。

その後、人間ドッグで採血する度に炎症反応が高い数値となり、いつも何となく痛みがあると話されています。


スポンサーリンク
HOME