芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 難病・奇病 > 和田アキ子がシェーグレン症候群を告白

和田アキ子がシェーグレン症候群を告白

和田アキ子(シェーグレン症候群)

歌手の和田アキ子さん(当時66歳)が2016年10月22日に放送のラジオ番組でシェーグレン症候群であることを告白。

和田さんがパーソナリティを務めるラジオ番組のゲストに慈眼寺住職の塩沼亮潤さんを招いた際、9日間飲食しないという発言に対し、和田さんは「私には無理だ」との返答している。



その理由として目や口が乾き涙や唾液が出にくくなるシェーグレン症候群のため、「水がないと生きていけない」と明かしている。

シェーグレン症候群という疾患は、主に50歳代の女性に多く発症し、少数ですが子供や高齢者にも発症する可能性のある病である。

和田アキ子発症した具体的な時期は不明ですが、2011年2月のラジオ番組の中でもシェーグレン症候群の可能性があることを告白している。

翌日に出演した生放送番組「アッコにおまかせ!」の中で、寝込むほどの病気じゃないから大丈夫とコメント。

和田さんは、目や口の渇き以外に腱鞘炎の症状もあり、病院で点滴やテープを貼るなどして治療を継続されているようです。

シェーグレン症候群は、国内で年間2万人が発症していると言われ、原因不明の難病とされています。


スポンサーリンク
HOME