芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 難病・奇病 > 奈美悦子が掌蹠膿疱症性骨関節炎を克服

奈美悦子が掌蹠膿疱症性骨関節炎を克服

奈美悦子(掌蹠膿疱症性骨関節炎)

2004年、女優の奈美悦子さんが53歳の時に掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)という難病であると報じられました。

2万人に1人といわれている難病とされ、手のひらに嚢胞が現れ、関節に激痛が発生するという難病です。



奈美さんは自身の著書の中で「1年365日、24時間激痛に襲われる…..少しの寝返りでも激痛が襲う…..」と語られています。

難病という病名が不明のまま、痛み止めを服用する方法しかなく、これまでに全国56件の病院を受診しました。

その結果、秋田県内である医師と出会い治療を行った結果、2007年には寛解状態にまで回復されました。

治療内容は、ビオチン治療と共に食事療法を中心に体質改善をはかるという方法です。

その後、雑穀の良さを知った奈美さんは当時36人しかいなかった「雑穀アドバイザー」との資格を取り、健康になれた体験を著書「雑穀美」で紹介されています。

奈美さんは、難病を経験して以来、正しい食生活に目覚めたそうで「奇跡の70歳になりたい」と話しています。


スポンサーリンク
HOME