ホーム > 癌を告白した芸能人 > 胃がん > 藤原喜明が胃がん克服

藤原喜明が胃がん克服

プロレスラーの藤原喜明さん(当時57歳)が2007年にステージ3a期の胃がんと診断されました。

医師から「残念な結果出ました」と胃がん告知を受けた時、藤原さんは「俺、死ぬんだな」とショックのあまりに座り込んでしまったといいます。

医師から告げられた5年生存率は、41.7%というものでした。

藤原さんは「人間は1回は死ぬ。明日死ぬか、30年後に死ぬかの違いしかない。だから死ぬまで、現在を一生懸命に生きるしかない」と考えたら一気に気が楽になったと話されています。
 

スポンサーリンク

胃がんが見つかったきっかけは、知人の紹介で北関東にある総合病院の整形外科で、肘の神経の手術を受けたことでした。

藤原善明術後、遠い病院まで来ているのだからついでに全部診てもらおうと、大腸の内視鏡検査、胃カメラによる検査を行った際、胃に4センチもの悪性腫瘍が見つかったのです。

本来であれば胃の全摘出になるところなのですが術後に痩せてしまうため、プロレスラーとして復帰したいということから胃部を半分切除することになりました。

手術は無事に成功し、術後1週間後には毎朝病院の周りを歩くなど、驚異的な回復を見せたといいます。

その後、病理検査ではリンパ節への転移が見つかりましたが、藤原さんは抗がん剤治療を続け克服されています。

藤原さんは胃がんの公表をしていなかったのですが、師匠であるアントニオ猪木さんの団体に参戦することが決まり、その記者会見にて猪木氏がつい喋ってしまうというハプニングがあり、メディアで報道されることとなりました。
 

スポンサーリンク