ホーム > 癌を告白した芸能人 > 胃がん > 宮川花子が胃がんを克服

宮川花子が胃がんを克服

夫婦漫才で知られる宮川大助・花子の花子さんは1988年に胃がんと診断されて手術を受けられています。

当時、花子さんには小学4年生の長女がおり、コンビ結成から10年目の33歳の時でした。

1988年10月末、夫の大助さんの体調不良を訴えていたこともあり、マネージャーの勧めで2人は検診を受けることになりました。

そこで花子さんの胃にピンポン玉大の腫瘍が発見されます。
 

スポンサーリンク

宮川大助・花子多忙であった年末年始の収録を数週間で終わらせ花子さんは、11月21日に入院しました。

一週間後の11月28日には手術を受けられ、集中治療室から一般病棟に移ったのは手術から4日後でした。

花子さんは手術で胃の5分の1を切除、約3ヵ月間の入院生活を余儀なくされました。

花子さんは「病名は知らされていないが術後は不安で仕方なかった」と語られています。

当時はがんの本人への告知はタブー視されていた時代であったため、花子さん自身には良性ポリープとしか伝えられていませんでした。

花子さんが胃がんだと知らされたのは、術後から5年後のことで、花子さんに代って告知を受けた大助さんは5年間隠し通したのです。

治療中、花子さんを励ましながら、大助さんは1日も舞台を空けることなく、花子さんが復帰した時の居場所を守られたといいます。
 

スポンサーリンク