ホーム > 癌を告白した芸能人 > 胃がん > 小林克也が胃がんを克服

小林克也が胃がんを克服

ディスク・ジョッキー(DJ)の小林克也さんが胃がんのため、胃の半分を切除する手術を行ったは当時65歳の時でした。

2006年3月に小林さんの奥様がぎっくり腰になったことで、偶然に人間ドックを一緒に受けたのがきっかけでした。

2年ぶりの検査となった小林さんは胃のバリウム検査でひっかかり、更に詳しい検査を大学病院にて実施することになります。

再検査の結果、500円玉位の胃がんが見つかります。
 

スポンサーリンク

診断された時、本人に自覚症状はなかったため、自身の病状よりも「複数受けていた仕事をどうなるかの方が心配だった」と後に話されています。

小林克也急遽、録音にて放送される番組収録が行われ、入院に向けて準備をされたといいます。

生放送で行っているFMラジオ番組「ファンキー・フライデー」は9時間の長時間番組となり、小林さんと親交のあったミュージシャンの方々で分担して代役を務めたようです。

その後、4月に入院されて胃の半分と周囲のリンパ節の切除する手術が行われました。

術後の体調は良好で体重が10㎏ほど減少したものの、声が出にくくなることもなく無事に退院されました。

小林さんは胃がんの手術から6年後の2012年、今度は前立腺がんが見つかります。

かなりのショックを受けたという小林さんは、セカンド・サードオピニオンまで受けてその後の治療方針を決めたそうです。
 

スポンサーリンク