芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 前立腺がん > 西川きよしが前立腺がんを告白

西川きよしが前立腺がんを告白

西川きよし(前立腺がん)

2015年、タレントの西川きよしさんが定期健診で、初期の前立腺がんであると診断されました。

きよし師匠には、もともと前立腺肥大があり、夜中に何度もトイレにか駆け込み、時には不眠になるという状態が10年続いていました。



2015年に受けた定期検査(PSA)の結果があまり良くなかったため、精密検査を受けることになります。

西川きよし精密検査とは針生検で前立腺に14本の針を刺し込み、癌細胞の有無を確認する検査になります。

検査の結果は初期の前立腺がんでした。不安がるきよしさんを妻のヘレンさんが励ましもあり、ロボット(ダ・ヴィンチ)による最新手術を受けられました。

幸い転移はなく、仕事にも復帰することができましたが、手術の影響により尿意を感じなくなったことを明している。

尿意を感じないことで尿失禁が起きることから、オムツを余儀なくれたきよし師匠は「生まれた時にお世話になって以来ですよね。おむつをつけました」と話している。


スポンサーリンク
HOME