芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 大腸がん > 村上弘明が大腸がんを告白

村上弘明が大腸がんを告白

村上弘明(大腸がん)

2019年1月に出演したバラエティ番組の中で俳優の村上弘明さん(当時62歳)が、2018年2月に初期の大腸がんの告知を受けていたことを告白。

幸いステージ0という本当に初期段階であったこともあり、転移等はみられなかったという。



手術はドラマ収録が終わってからでも問題ないという医師の言葉を受け、3ヶ月後の5月に手術を受けた。

村上さんは体にメスを入れることが嫌いで内視鏡によりる治療を寸前まで考えていましたが、奥様の「私だったら切るね」の一言で腹腔鏡下手術を決意されたそうです。

手術は全身麻酔で行われ、約1時間で終了。4時間後に目が覚めたそうです。

普段から無呼吸症候群の持病を持つ村上さんは麻酔から目が覚めた時は「あー、よく寝た」というスッキリ感があったことを話している。

村上さんは50歳から人間ドックに毎年行くようになったそうで、「かみさんに言われなかったら人間ドックにも行ってなかった」と今回の早期発見に至ったとし、「結果的に私の命を救ってくれた」と奥様に感謝を伝えている。


スポンサーリンク
HOME