芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 大腸がん > 向井亜紀が大腸がんを克服

向井亜紀が大腸がんを克服

向井亜紀(大腸がん)

2013年、タレントの向井亜紀さんが48歳の時にS状結腸がんであったことを告白しました。定期健診で偶然見つかったといいます。

2013年6月に所属事務所は、ステージ2で幸いにも初期段階であったことを発表した。



その後、同年8月に手術が行われ成功しています。

今回の告白と同時に、過去の大病についても告白されており、2000年に子宮頚がんを発症して子宮を摘出、2006年には右腎臓の摘出など、これまでに20回近くの手術を経験されています。

数々の重大な病気でありましたが、病気の事実は世間には伏せられ、極秘のうちに手術が行われてきました。

これは向井さんの夫・高田延彦さんとの間に代理母によって授かった双子の息子さんがおり、10歳という多感な年ごろを迎えた息子さんたちへの配慮だったそうです。

向井さんは所属事務所を通じて「早期発見だったため、すっかり完治しています。早期発見が大事であるということを伝えたいという思いを尊重し、公表に至りました」とコメントしている。


スポンサーリンク
HOME