芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 脳梗塞 > 大橋未歩が脳梗塞を克服

大橋未歩が脳梗塞を克服

大橋未歩(脳梗塞)

2013年1月、元テレビ東京アナウンサーの大橋未歩さん(当時34歳)が若年性脳梗塞と診断されました。

大橋さんが体調に異変を感じたのは、自宅の洗面所で身支度を整えている最中でした。



左手に異変を感じた大橋さんは、とっさに右手で左手に触れたが既に感覚が失われており、自分の手ではなくマネキンの手でも触っているように感じだったといいます。

床に落として散乱した洗顔クリームを拾い上げようとしゃがんだ時、脱力感と左半分の顔面麻痺に襲われました。

夫に「だいじょうぶ」と言っているつもりが、「らいじょうぶ」とろれつも回らなくなり、近くにいた夫が大橋さんの表情を見て救急車を呼び、そのまま病院に緊急搬送されました。

病院に到着した頃には既に症状は落ち着いており、その間15分程度だったようです。病院では緊急CT検査が行われましたが異常は見られずに帰宅します。

その2日後にMRI検査が行われた結果、脳梗塞が起きて壊死している痕が4か所見つかり、そのまま10日間の入院となりました。

その後、脳梗塞で壊死した部分の手術が3~4か月後に行われ、現在右の首にステントという金具が入っており、「体の一部、私のお守りです」と話している。

既に服薬治療を終えて仕事にも復帰されています。


スポンサーリンク
HOME