ホーム > 癌を告白した芸能人 > 生稲晃子が5回の乳がん手術を告白

生稲晃子が5回の乳がん手術を告白

生稲晃子元おニャン子クラブでタレント・女優としてもご活躍されている生稲晃子さんが2015年11月10日、自身のブログ内で過去に乳がんを患っていたことを公表しました。

生稲さんに乳がんが発覚したのは2011年4月で彼女が43歳の誕生日を迎えた日でした。

幸いに早期発見だったため温存治療が適応され、腫瘍部分を切除する手術になりました。

その後の病理検査では「初期の浸潤性乳頭腺管がん」と診断されます。
 

スポンサーリンク

翌年2012年9月に再発が見つかります。この時も乳房を温存する方法で2度目の手術を受けることになるのですが、翌年2013年10月に2度目の再発が見つかってしまいます。

3度目も温存療法による手術となるのですが、それまでは前向きにがん治療をしていた彼女でしたが、この時ばかりは「初めてもうだめだと思った」とが語られています。

しかし、その思いを変えたのが当時7歳の娘さんの存在でした。「この子が成人するまでは産んだ責任があるんだから、死ぬわけにはいかない」という気持ちから2013年12月には右胸乳房の全摘手術を決意することになります。

手術は無時成功し、仕事復帰も果たしています。

仕事を続ける上で右胸があったほうが良いと再建手術を決意しました。

合計5回もの手術を受けられた生稲さんですが、再発や転移の可能性が全くないわけではありませんので、現在は抗がん剤治療ではなく、ホルモン療法を受けられているようです。

今回、一区切りという意味でも病の公表をされたそうですが、「自分の闘病経験を無駄にせず、1人でも多くの人に伝えて行き、みんなで元気に幸せに生きて行こう、と言いたいと思いました」ととても前向きに治療にも挑まれています。
 

スポンサーリンク