武田鉄矢がうつ病を告白

歌手で俳優の武田鉄矢さん(当時65歳)が2014年10月7日に放送されたテレビ番組「ノンストップ」ので40代の頃にうつ病を発症し、約20年間もの闘病生活を送っていたことを明かしました。

うつ病を発症したのは1991年で武田さんが42歳の時、社会現象を起こした人気ドラマ「101回目のプロポーズ」を主演し、武田さんの忙しさは絶頂期の時でした。
 

スポンサーリンク

忙しいスケジュールをこなしていた武田さんでしたが、その影響からか身体的、精神的にも追い込まれてしまいます。

当時は「やる気が起こらない」「志向がネガティブになる」といった症状が現れはじめました。

武田鉄矢また、仕事の休みが少し続くと「このまま仕事がこないのではないか」と考えたり、落ち込むような日々が増えていたといいます。

さらに家族からの「応援の言葉」等が、逆に精神的な負担となってしまい「辛かった」と語られています。

このような現状を武田さんは家族やバンドメンバーには隠していたそうです。

そんな時に以前から患らっていた心疾患「大動脈弁狭窄症」の手術を受けており、手術に対する不安から余計にうつ病の症状が悪化したのではと思われます。

その後、精神科を受診した武田さんは、医師から過剰適応症と診断され、色々なことに対して「断ることを心がけて」生活を変えたことで、次第に気持ちが楽になっていったといいます。

その頃、ユングという心理学者の本に出会い、その本に書かれていた言葉で気持ちが楽になり、救われたと話されています。
 

スポンサーリンク