芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > うつ病・メンタルヘルス > 名倉潤(ネプチューン)がうつ病を告白

名倉潤(ネプチューン)がうつ病を告白

2019年8月1日にネプチューンの名倉潤さん(当時50歳)が精神疾患「うつ病」の治療のため、所属事務所が2カ月間休養することを発表した。

名倉さんは2018年に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行っており、手術後の侵襲によるストレスが原因だったという。



病気の報道後、トーク番組に出演している名倉さんの姿を見て笑顔を時折見せるものの、「名倉さん全然しゃべらない」「表情が冴えない」「つらそう」「休養してほしい」という心配の声が多くあったという。(関係者談)

名倉さんは「ご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。少しの間休養させて頂きます。体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」と書面でコメントしている。

また妻でタレントの渡辺満理奈さんは「まずはゆっくりと過ごすのが一番の養生ということですので、家族で体調と向き合いながらゆっくり過ごしたいと思います」と自身のインスタグラムを更新した。


スポンサーリンク
HOME