ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 循環器・心蔵疾患 > 天海祐希が急性心筋梗塞から復帰

天海祐希が急性心筋梗塞から復帰

天海祐希さんといえば宝塚歌劇団の男役としてトップスターを務め、現在ではテレビや舞台などで大活躍をされている女優さんです。

スラリとした長身でノーブルな顔立ちの彼女は宝塚ファンばかりではなく、お茶の間でも大きな人気を集めていることで知られています。

天海さんは2013年の45歳のときに心筋梗塞に侵された過去があります。心筋梗塞とは急性心筋梗塞、亜急性心筋梗塞、陳旧性心筋梗塞に分類されていますが天海さんを襲ったのは急性心筋梗塞で緊急処置が必要な状態でしたが程度は軽度に留まっていたようです。
 

スポンサーリンク

倒れてから10日前後の入院を余儀なくされた天海さんは出演中の舞台をすべて降板しました。そして点滴による治療を受けて回復に向かったのです。また心筋梗塞を発症する前の天海さんに前兆のようなものはなかったといいます。

心筋梗塞の原因は高血圧、コレステロール値の異常(脂質異常症)、糖尿病、肥満、喫煙、運動不足、遺伝などが考えられていて仕事に没頭するとがむしゃらに頑張ってしまう方や責任感が人一倍強い性格の方が発症しやすいと考えられています。

しかし宝塚歌劇団に在籍中からスリムな体型と健康を維持してきた天海さんと心筋梗塞は結びつく要素が非常に薄いのではないかという印象すら受けます。

専門医によれば天海さんのようにバリバリと仕事をこなすタイプの女性の場合、生活習慣病や体型などとは全く別のところに問題が隠されていることがあるといいます。その最大の原因はストレス

天海祐希仕事に没頭したり責任感が強い性格だったりすることが引き金となって起こるのだとか。ストレスを多く抱えてしまうと瞬間的に心臓の筋肉が収縮を起こしたりけいれんを起こすことで心筋梗塞を招くことがあるのだそうです。

このような心筋梗塞は軽度であることが多く、天海さんに起こった症状にピタリと当てはまります。天海さんが心筋梗塞で倒れた直後には、喫煙、うつ病、交際していた俳優との破局などが原因でという噂も流れたようですが実際のところは責任感が強く頑張り屋さんの天海さんの性格が災いしてしまったのではないかという結論に落ち着いているようです。

現在では無事に復活を果たし2014年の新春からは舞台やテレビ、雑誌などのお仕事でスケジュールがいっぱい。「あんなにスリムな天海さんが心筋梗塞!?」のショックな報道から天海さんには元通りの美しい笑顔が戻っています。

スポンサーリンク