芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 心筋梗塞・狭心症 > 西田敏行が心筋梗塞で手術を受ける

西田敏行が心筋梗塞で手術を受ける

西田敏行(心筋梗塞)

2003年3月3日夜、俳優の西田敏行さん(当時56歳)が心筋梗塞のため自宅で倒れて緊急搬送されました。

幸い倒れてからの処置が早かったことから約30分間の手術でが行われ、順調に回復し3月28日には無事退院されています。



西田さんは肉料理が好物で毎晩のようにビールと焼肉を食べ、喫煙に関しては1日8箱のヘビースモーカーでした。

このような偏った食生活と、飲酒・ヘビースモーカーが心筋梗塞を招いた原因だったのかもしれません。

西田敏行入院中には女優の吉永小百合さんから「タバコはやめてね」と書かれた手紙を貰ったというエピソードがあります。

この手紙がきっかけに禁煙をはじめ、体重も82キロまで落とすことに成功されています。

仕事復帰後には、自身が主演された映画のインタビューで「ここで死んだら遺作が「ゲロッパ!」になるが、それだけは避けたかった」とコメントしている。

その後、2016年にベッドから転落し、首を痛めて腰椎の一部分を頸椎へと移植する手術を受け、さらに胆嚢炎の手術も受けられています。


スポンサーリンク
HOME