芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 心筋梗塞・狭心症 > ブラザートムが急性心筋梗塞で入院

ブラザートムが急性心筋梗塞で入院

ブラザートム(心筋梗塞)

2006年4月にバブルガムブラザーズのブラザートムさん(当時50歳)が急性心筋梗塞で入院したとことが明らかになりました。

ライブのリハーサル中に突然胸が苦しくなり、都内の大学病院に緊急搬送され、検査結果は心筋梗塞の診断。そのまま入院することになります。



トムさんは、約1ヵ月程前から「肩の酷い凝り」や「原因不明の歯の痛み」といった前兆のようものがあったことを話しています。

トムさんは、長年に渡る毎晩の飲酒・寝る前の食事が日課で、さらに喫煙は1日に100本を吸うなど、生活習慣がこの心筋梗塞を招いたのかもしれません。

ブラザー・トム緊急入院でしたが手術はなく、投薬治療が行われて4月21日には退院されています。

この入院期間中に6キロ体重が減少したというトムさんは、退院後は毎日飲んでいたというお酒は「怖くて飲めない」とコメントされていますが、喫煙はやめられなかったようです。

その後、約2週間を自宅で療養して仕事に復帰されています。


スポンサーリンク
HOME