芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 脳動脈瘤 > DJKOO(TRF)が脳動脈瘤を告白

DJKOO(TRF)が脳動脈瘤を告白

DJKOO(脳動脈瘤)

2017年9月25日、TRFのDJKOOさん(当時56歳)が脳動脈瘤で手術を行っていたことをTRF公式サイトで発表。

KOOさんはテレビ東京の「主治医が見つかる診療所」の番組企画で検査で脳動脈瘤が発覚。もともと頭痛持ちであったというKOOさんでしたが、とくに自覚症状はなかったという。



同番組に出演した脳神経外科医の上山博康先生のアドバイスのもと北海道にある札幌禎心会病院にて9月2日に手術を受けられています。

上山博康先生は日本トップクラスの脳神経外科である。

DJKOODJKOOさんの場合、放置した状態が続けば「くも膜下出血」を引き起こす可能性や失明する危険性があったという。

手術は無事成功し、9月21日には退院。脳動脈瘤は無事完治したとの報告ありました。

脳動脈瘤を発見するきっかけとなった番組や手術を受けた札幌の病院のスタッフに感謝を述べると共に体調が整い次第、音楽活動に復帰するとの意欲を語っておられ、現在は仕事復帰している。

2018年11月、術後の1年検診で経過が順調なことをツイッターで報告している。


スポンサーリンク
HOME