芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > うつ病・メンタルヘルス > 石田明がうつ病を告白

石田明がうつ病を告白

石田明(うつ病)

2015年8月9日に放送された「黄金列伝!」でノンスタイルの石田明さん(当時35歳)が、20代頃に重度のうつ病を発症していたことを告白。

2017年6月13日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」の中でも、うつ病に苦しんでいたことを明かしている。



元々は対人恐怖症があり、フリートークができないことにプレッシャーを感じ、そのプレッシャーがストレスとなって食欲不振・嘔吐といった体調変化に悩んだといいます。

その後も、ひな壇に座っていると手が痺れたり、高い場所から飛び降りそうになる等の症状がみられ、石田さんはうつ病と診断されました。

ノンスタイル睡眠薬や抗うつ剤・安定剤による治療を開始することなった石田さんは、相方の井上さんから次のコンクールで賞を受賞できなかったら解散するとの話がありました。

石田さんは、一時芸人を辞めれると喜んだそうですが、入賞したことでコンビを継続することになります。

その後、医師のすすめもあり周囲にも病気のことを告白するようになった石田さん。

そんな時に先輩であるブラックマヨネーズの吉田さんに相談した際、吉田さんも自分と同じ症状を経験していたことを知り、心が楽になって救われたそうです。

その後、M-1でグランプリを受賞しています。


スポンサーリンク
HOME