芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 脳腫瘍 > よしこ(ガンバレルーヤ)が下垂体腺腫を告白

よしこ(ガンバレルーヤ)が下垂体腺腫を告白

ガンバレルーヤ・よしこ(下垂体腺腫)

2018年11月16日、ガンバレルーヤのよしこ(当時28歳)が所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシーを通じ、下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)のため、休養することを突然発表した。

よしこは人間ドックで脳に良性の腫瘍が見つかり、腫瘍を取り除く手術を受けることになった。



手術時間は3時間程度となり、よしこ自身も医師と一緒に編集された手術映像を見たという。

ラジオ番組で復帰したよしこは「ご迷惑をかけてすみません。脳はしっかりしていましたが、真ん中に腫瘍があり、鼻からアプローチ?内視鏡で手術しました」とコメントしている。

また、手術の効果か不明だが手術後から美肌効果が表れたことも報告している。

術後の経過は順調で約30日間というスピード復帰となった。

よしこは「応援してくださった皆さん、ありがとうございました!これから、より一層頑張りますのでよろしくお願い致します!」と所属事務所を通じてコメントした。


スポンサーリンク
HOME