芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > くも膜下出血・脳内出血 > KEIKO(globe)がくも膜下出血で倒れる

KEIKO(globe)がくも膜下出血で倒れる

KEIKO(くも膜下出血)

2011年の10月、globeのボーカルであるKEIKOさん(当時39歳)がくも膜下出血で倒れました。

KEIKOさんが身体の不調を訴えたのは10月24日の夕方。首の後方に突然激痛が走り、立つこともできなくなってしまったといいます。



実はこの日、KEIKOさんは日中から体調が優れなかったため、横になって休んでいました。

KEIKOさんの様子を見て驚いた夫の小室哲哉さんが救急車を呼び、搬送先の病院では25日未明より5時間にも及ぶ手術が行われ一命を取り留めることができました。

KEIKOさんの場合、夫の小室さんがたまたま在宅しており、迅速な判断によって素早い処置を受けたことが不幸中の幸いであったといえます。

手術直後のKEIKOさんの様子について音楽関係者が「言葉を話すことができなくなっており、記憶障害が起こっていたのか自分が歌手であることも思い出せない様子でした」とコメントしている。

その後、KEIKOさんの病状についてはあれやこれや取り沙汰されていたようですが2013年には夫と仲良く買い物をしているKEIKOさんの姿が目撃されています。


スポンサーリンク
HOME