芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 肝炎・肝臓病 > MISIAが急性肝炎を告白

MISIAが急性肝炎を告白

2017年3月2日、5オクターブの音域を持つといわれる歌姫・MISIAが、急性肝炎のために一時入院していたとの公式サイトで発表。

医師からは「しばらくは安静の必要がある」と診断され、MISIA直筆のメッセージ画像が掲載されました。

3月11日に開催の東日本大震災復興支援ライブへの出演を断念するも、復興にかける想いや祈りの込められたメッセージにMISIAさんの回復を願うコメントも多く寄せられました。



入院から約2週間経過した3月15日には退院されていますが、休養のため3月25~26日に鹿児島で開催のコンサートは5月に延期となりました。

misia幸い大事に至ることはなく、徐々に活動を再開していくとの発表に安堵したファンも多いことでしょう。

MISIAさんご自身から完全復活の言葉が発せられたのは、4月放送の星空のラジオでした。ご自身のツイッターの中で「完全復活!生放送でお送りします」と綴っている。

延期されていた鹿児島のコンサートの振替公演直前、最新ライブブルーレイ&DVDのPRイベントにて「歌いたかった気持ちを全部ぶつけて、思い切り歌いたい」と語る笑顔が印象的でした。

7月にリリースのミニアルバム「SOUL JAZZ SESSION」に先駆けて行われたコンサートツアーは熱狂の中で幕を閉じ、休養中であったことなど感じさせないエネルギッシュな姿を披露してうる。

来年2018年はデビュー20周年を迎えるMISIAさん。記念すべきデビュー20周年をどんな形で迎えられるのか今後の活躍が楽しみです。


スポンサーリンク
HOME