ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 婦人科・女性疾患 > 森昌子が子宮筋腫・子宮頸がんを告白

森昌子が子宮筋腫・子宮頸がんを告白

森昌子女優としても活躍されている歌手の森昌子さんが更年期障害を患ったのは2006年。結婚後、芸能活動を復帰直後のことでした。

離婚してからの芸能界復帰でしたが、仕事の方も順調に全てがうまくいっているかのようでした。

そんな中、彼女を襲ったのはうつ症状が酷い更年期障害です。疲れやすい、やる気が出ない、食欲不振、吐き気、引きこもりなどで苦しめられたといいます。

それから約2年が経過した時、突然、自宅で子宮からの洗面器いっぱいになるほどの大量出血をします。貧血で立っていられなくなるほどだったそうです。
 

スポンサーリンク

病院での診断は子宮筋腫。大小様々な筋腫が50個ぐらいできていることが発覚します。

少数の筋腫であれば閉経と共に消えて無くなってしまうのですが、森さんのケースは再発しやすいタイプで医師からも再発リスクを考えると子宮の全摘をすすめられていました。

しかし、森さんは全摘治療を避け、2009年に子宮を温存するレーザー治療で筋腫を除去する手術を受けています。

この手術で子宮頸がんが発覚することになります。幸い、初期段階で転移もなく子宮筋腫の手術と同時に子宮頸がんも切除することができましたが、本人は相当ショックだったといいます。

術後一か月の検診で「小さなシャボン玉のような細かい筋腫が子宮の内側の壁にびっしりくっついている」と言われ、愕然とする彼女。

医師からは何度レーザーで焼いても新しくできるので、体の負担を考えると子宮の全摘をすすめられるのですが、暫くホルモン療法で様子をみることになりました。

しかし、ホルモン療法の副作用に悩まされ、特に顔のむくみと発疹が酷かったようです。2009年に卵巣を残す形で子宮全摘手術を決断することになります。

この手術の10日後に記者会見を開き、元気な姿を見せられています。
 

スポンサーリンク