ホーム > 癌を告白した芸能人 > 北斗晶が乳がんを告白

北斗晶が乳がんを告白

タレントとして活躍されている、元プロレスラーの北斗晶さん(当時48歳)が乳がんの手術を受けたことが大きな話題となりました。

ニュース番組ではトップで取り上げられ、北斗さん本人から「ステージⅡbという状況で、5年後の生存率は50%です」という言葉を聞き、衝撃を受けられた方も多いかと思います。

北斗さんは毎年秋に、乳がん検診マンモグラフィーを受けているのですが、胸の違和感に気付いたのが2015年の年頭のことでした。

また、同年の春に旅先で水着に着替える際、乳首付近の違和感があったといいます。
 

スポンサーリンク

しかし、自身で触診しても何も感じ取れず、検診で何も見つからなかったという安心感から「歳のせい」だと思いこみ、そのまま放置することになります。

北斗晶それから初夏に入り、右胸にチリチリとした痛みを感じるようになり、知り合いの医師に調べてもらったところ、がんの陽性反応が発覚してしまいます。

セカンドオピニオンや乳房を温存する形での治療を望みましたが、進行状況から治療は右乳房の全摘出することに決定。

同年9月に手術を行いましたが、検査では2センチといわれていた腫瘍は2.5センチとなり、右脇下のリンパへの転移が確認されています。

転移が確認されたリンパ節の腫瘍も摘出し、その影響で右手のリハビリが必要になります。

手術は無事に終わり、その後は抗がん剤治療が実施されました。

抗がん剤治療を継続して行う上で、副作用で髪が抜け精神的に参ってしまう人が多くいらっしゃいます。

北斗さんの主治医からは、精神的ショックを考慮し髪を短くしておくことをすすめられます。彼女の髪を切った姿がブログで公開されています。

予定では半年間抗がん剤治療を続けて、その後は。放射線治療、ホルモン療法という順番で治療が行われるとのことです。

今回、有名人ということもあり、北斗さんの乳がんの告白は世間への影響が大きく、テレビの報道直後、乳がん検診が以前の5倍にもなている病院もあるといいます。

今回の大病により、北斗さん本人も乳がん検診の重要性を呼びかけています。
 

スポンサーリンク