ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 循環器・心蔵疾患 > 松村邦洋が心筋梗塞で心肺停止に

松村邦洋が心筋梗塞で心肺停止に

お笑いタレントの松村邦洋さん(当時41歳)が2009年3月22日の東京マラソンに出場した際、突然倒れて心肺停止となり緊急搬送されました。

スタート地点から15キロに差し掛かろうとしたところで、松村さんはストレッチをしようと足を止めた瞬間、突然意識を失って後ろに倒れました。

この時、松村さんは心肺停止の状態で口からは泡を吹き、目はうつろ、顔は青ざめ、周囲の人たちが呼び掛けても微動だにしなかったといいます。
 

スポンサーリンク

直ぐに大会で待機していた医師が駆け付け、AED(自動体外式除細動器)で心臓に電気ショックを与える処置が行われた結果、意識を取り戻しました。

心肺停止の状態になると3分で死亡する確率が各段に高まることから、医師による早い処置が不幸中の幸いでした。

松村邦洋また、後遺症の心配もありませんでした。

翌日23日に所属事務所の太田プロダクションはFAXで「急性心筋梗塞による心室細動」と公表しています。

一時は命の危機にさらされた松村さんですが順調に体調は回復し、4月3日には退院。

4月6日に準レギュラーを務めるTBS系生放送番組「アッコにおまかせ!」で仕事を復帰を果たされています。

当時の松村さんの体重は約100キロで肥満体型であったものの、マラソン当日の体調は良好だったと事務所関係者はコメントしています。

しかし、大会前に練習をすることは全くない状態で出場していたらしく、本人は反省していたようです。

この心筋梗塞をきっかけに退院後、毎朝5時に起床し公園でラジオ体操を行い健康に気を使っているそうです。
 

スポンサーリンク