ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 子宮内膜症 > 安田美沙子が子宮内膜症を告白

安田美沙子が子宮内膜症を告白

2016年11月30日にタレントの安田美沙子さん(当時34歳)が自身の子宮内膜症についてブログで語りました。

約10年前に子宮内膜症であることが判明しています。

最初に診療していた病院の担当医から精神的苦痛を与えかねないことを言われたことがあり、病院を変えたといいます。

その後、安田さんが子どもが欲しくなった時のことまで相談できる信頼できる医師に出会えたそうです。
 

スポンサーリンク

後に安田さんは同じ病気で悩んでいる方に向けて、信頼できる医師を見つけることが大切なことを語っています。

発症当時は年齢が若かったこともあり、痛み等の症状がありましたが持続的なものではなかったため、生活では多少無理をしていたといいます。

安田美沙子安田さんはタレント活動だけでなく、フルマラソンに出場するなどスポーツにも積極的に参加されていました。

子宮内膜症を発症はマラソンを始める以前からで、その時期の安田さは大きなストレスを抱えていたといいます。

女性の場合、ストレスが溜まると腹部に影響してくることがあり、発症前の20歳頃から病院に通っていればと後悔をしたことを話されています。

結婚後、妊活を始めるのですが子宮内膜症が原因となり、なかなか子どもに恵まれず落ち込むこともあったそうです。

しかし、不妊治療専門の病院で卵管造影の検査を行った際、腹腔鏡手術を医師からすすめられ手術を受けることを決意します。

安田さんは術後の2014年11月に妊娠を発表し、2015年5月に無事に男児を出産しました。

長年の治療のおかげで子宮内膜症は順調に回復してきており、現在子育てに励みながら芸能界でご活躍されています。
 

スポンサーリンク