ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 大黒摩季が子宮疾患を告白

大黒摩季が子宮疾患を告白

大黒摩季シンガーソングライターの大黒摩季さんに子宮疾患が見つかったのは1996年、彼女が27歳の時でした。

多忙を極めていた時期でもあり、闘病しながらの治療でしたが本格的な治療はしていませんでした。

大黒摩季さんの子宮疾患とは、子宮腺筋症のみでなく、子宮内膜症、左卵巣嚢腫(子宮内膜症性のチョコレート嚢腫)、そして子宮筋腫が併発しており、他の内臓を圧迫するほど肥大していたといいます。
 

スポンサーリンク

これ以上、悪化した場合には子宮全摘以外に治療法がなくなる可能性があるということで2010年10月から治療に専念する為、無期限の活動休止に入りました。

本格的な治療をはじめるに辺り、月経を止めるホルモン剤などの強い薬を服用しなくてはならない為、酷い副作用から歌手活動は続けることはできませんでした。

大黒さんはもともと生理痛が酷かったようで、よく貧血気味になりレコーディング中に倒れてしまうことがあったそうです。

2003年には一般男性と結婚しており、妊娠自体がホルモンの関係で彼女の病気の治療に繋がることから不妊治療の為の体外受精を行いますが、幾度かの流産を経験することになります。

結果、残念ながら不妊治療は上手くいきませんでした。

大黒さんは「不妊治療は必ずしも成功するものではない。」と同じ状況の女性たちの励みにと自らの病状や治療方針を公表しました。

「私が休養宣言をしてから、婦人科に来る女性が増えたんですって。それを聞くとカミングアウトして良かったなって」とご本人も言うように、多くの女性を勇気づけたと思われます。

現在の大黒さんは体調も良くなられ2014年から音楽活動を再開されており、様々なアーティストへ楽曲提供したり詩を提供したりという活動を盛んにされています。
 

スポンサーリンク