ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 肝臓・すい臓の疾患 > 林葉直子が重度の肝硬変を激白

林葉直子が重度の肝硬変を激白

はじめは肝炎から始まり、肝硬変、そしてやがては肝不全へ・・・。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれており、何らかの症状を発症したときにはすでに手遅れとなっているということも少なくはありません。

元女流棋士として名を馳せ、美容整形やヘアヌード写真集でも話題となった林葉直子さん。何かと話題を振りまき、世間を驚かせてきた彼女でしたが、2014年、彼女はテレビ番組の中で自らが重度のアルコール性肝硬変に侵されていることを告白。
 

スポンサーリンク

46歳、人生はまだまだこれからというときに重度の肝硬変を患ってしまった彼女。なぜ、症状がそこまで悪化してしまったのでしょうか。

2014年に彼女は「遺言-最後の食卓」を出版し、その出版元のインタビューに対して次のようにコメントしています。

「肝硬変です。肝硬変でも肝不全に近いと言われています。ここまでになったらもうダメ。いつ死んでもしょうがないなって感じ。血小板が少なすぎて、口から血が出たこともあります(中央公論社・インタビュー記事より引用)」

遺言 林葉直子彼女の体調が悪化したのは2006年、その原因は大量のアルコール摂取にありました。恋多き女としても知られている林葉さんは、その時期に不倫の悩みから1日1本ペースでアルコール度数が50度を超えるワイルドターキー(ウイスキー)を空けていたといいます。

「不倫は後悔していない」、「いつ死んでも後悔しない人生だった」と語る林葉さんではありますが、「(不倫相手の)子どもを妊娠したとき、産んでおけばよかった。産んでいたら人生が違っていたでしょ」と、女性の幸せに対する憧れのようなものが心の中にあったことも告白しています。

さらに亡き父親が残した莫大な借金の問題で自己破産。偏食に加えて缶ビールの大量摂取で、林葉直子の病状は加速度的に悪化してしまったようです。

その後、故郷である福岡県で入院と自宅療養を繰り返していた林葉さんでしたが、現在は3回目のヘアヌード写真集を披露し、ご自身のブログも再開しています。
 

スポンサーリンク