ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 循環器・心蔵疾患 > ブラザートムが急性心筋梗塞で入院

ブラザートムが急性心筋梗塞で入院

2006年4月にバブルガムブラザーズのメンバーでタレントのブラザートムさん(当時50歳)が急性心筋梗塞のため入院されました。

ライブのリハーサルを行っていたところ、急に胸が苦しくなり病院を受診することになったブラザートムさん。

症状を医師に伝えると都内の大学病院に緊急搬送され、そこで心筋梗塞の診断を受けることになります。

トムさんはそのまま入院されます。
 

スポンサーリンク

ブラザートムさんには少し前から自覚症状のようものがあったといいます。

約1ヵ月程前から肩の酷い凝りや原因不明の歯の痛みといった症状がありました。

トムさんは昔から毎晩の飲酒・寝る前の食事が日課だったといいます。

ブラザー・トム更にタバコに関しては1日に100本を吸うなど、長年続けてきた生活習慣がこの心筋梗塞を招いたのかもしれません。

緊急入院となりましたが手術は行われず薬物治療となり、4月21日には都内の病院を退院されています。

入院期間中に6キロも体重が減少したそうです。

退院後、心筋梗塞で入院するまで毎日飲んでいたというお酒は「怖くて飲めない」と語られています。

しかし、タバコだけはやめられなかったようです。

その後、トムさんさんは2週間程療養し無事に仕事復帰を果たされています。
 

スポンサーリンク