ホーム > 難病を告白した芸能人 > 栗山英樹がメニエール病を告白

栗山英樹がメニエール病を告白

栗山英樹元プロ野球選手で現在は日本ハムファイターズの監督をつとめている栗山英樹さん。

栗山さんがメニエール病を患ったのは1985年、プロになりヤクルトに入団して2年目の時でした。

当時、2軍に在籍していた栗山選手ですが試合中に突然のめまいに襲われ「地面が揺れて、ボールが2つにも3つにも見えるようになるんです」と語られています。

1軍と2軍の境目に位置していたため、その後は症状が出ても押し隠して試合に出るなど厳しい現役時代を過ごされています。

酷い耳鳴りの為、寝不足などが重なり、病状は良くなかったものの人一倍練習を重ね努力をした結果、その翌年のシーズンでは良い結果を残すことができました。

しかし、その年1986年のオフシーズンに入る直ぐに入院をすることになります。
 

スポンサーリンク

その後、幾度となく引退を考えたという栗山選手でしたがメニエール病と闘いながらも成績を残してきました。

しかし、難病であるメニエール病の症状は良くなることはなく1990年に29歳の若さで球界の引退を余儀なくされます。

入院中に自分よりも悪い症状の子供が賢明に病気と闘っている姿を見て「また発症してもそれは仕方がない。一期一会の精神で野球に全力を尽くそう」と前向きなったと後に語っておられます。

引退後はスポーツキャスターとして活躍する傍ら、大学教授になり教鞭をふるうことに。なんと国立大学を卒業して大学教授になった選手は日本のプロ野球史上、栗山英樹さんが初めてということです。

2011年にはプロ野球監督に就任しました。

完治は難しといわれるメニエール病と上手に付き合いながら2011年には日本ハムファイターズの監督に就任し、現在も監督として活躍されています。
 

スポンサーリンク