ホーム > 癌を告白した芸能人 > 原千晶が30代で2度のがんを経験

原千晶が30代で2度のがんを経験

女優としてその将来が有望視されていた絶頂期に二度のがんを経験しながらも、凛として前進し続ける女優の原千晶さん

彼女が子宮頚がんを発症したのは30歳のとき。さらに35歳で進行子宮体がんを経験されています。

現在、原さんは女性のがんに関するイベントや女性のがんについて語り合うよつばの会などへ出席し、多くの女性たちにがんの経験などを伝えることに尽力・貢献されています。
 

スポンサーリンク

2004年、当時30歳だった原さんを襲った体調の異変とは「生理時の経血量の増加」「分泌物異常」「差し込むような腹痛」といった症状で、それが数ヵ月間も続いたため婦人科系のクリニックへ足を運んだそうです。

検査の結果、子宮の頸部に腫瘍が見つかったもののはっきりとした診断が難しいということで、大きな病院でのCTスキャン、MRI、腫瘍マーカーという大掛かりな検査を受けました。

腫瘍を採取して調べる円錐切除術(えんすいせつじょじゅつ)を受けることになりました。

円錐切除術以降、体調が快方に向かっていたので一安心していた彼女でしたが、それで一件落着というわけには行きませんでした。病理検査で告げられた結果は子宮頚がんであり、ステージ1aの状態だったのです。

その時の心情を原さんは「子宮の摘出を勧められましたが30歳という若さで結婚もしておらず、女性としての幸せを得る前に子宮をなくしてしまうことを考えるとショックで涙が止まりませんでした」と語っています。

そこで原さんは月1回の検診と治療を行う子宮の温存療法を選んだのですが、2009年35歳になった原さんの子宮頸部と子宮体部にがんが見つかり、ついに子宮全摘出の手術を受けることになるのです。

原千晶この時、担当医の説明では「間違いなくがんであり、進行しています。一刻も早く手術を行わなければ、命に関わります」という言葉でした。

その後、子宮全摘出手術を受けた原さんは当時を振り返り、次のようなコメントを残しています。「手術そのものよりも、抗がん剤治療がとても辛かった」、「1回目の子宮頚がんを発症したとき、当時の彼氏が病気に対する理解が無かったので辛かったです。でも、現在の夫は私の身体をとても気遣ってくれる人で、病院へ行くことに対しても大丈夫?病院行ってる?というように、私の背中を押してくれます。私の人生ばかりではなく、夫の人生まで変えてしまった・・・。でも、パートナーの理解は絶対に必要です」

子宮頚がんや進行子宮体がんは女性が一人で悩むべき病気ではなく、そこにはパートナーの理解と協力が必要です。

突然子宮を失うことになってしまったときに女性が受けるショックは生半可なものではありません。男性がどれほどパートナーを大切に思うことができるのかということが女性特有の病気に侵されてしまった女性の大きな心の支えとなることでしょう。
 

スポンサーリンク