ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > うつ病・精神病 > 高岡奏輔がパニック障害を告白

高岡奏輔がパニック障害を告白

2011年7月29日に俳優の高岡奏輔さん(当時29歳)が「本人ブログ」と題した新たにブログを開設、その中で過去にうつ病やパニック障害を患っていたことを告白しました。

現在、そのブログは閉鎖されています。

高岡さんは2004年に映画の主演を務めるのですが、計り知れないプレッシャーを感じていたといいます。

そんな時期にネット上での中傷などがあり、精神的にダメージを受けることが多く、人生で初めて精神が崩壊したと語られています。
 

スポンサーリンク

高岡さんは病院に通い、睡眠薬や精神安定剤を服用していましたが、副作用で顔がパンパンに張れることもあったそうです。

高岡奏輔2010年に舞台挨拶の際、ステージ上で立ちくらみで転倒してしまいます。

この時、突然に起こる生き苦しさや、汗が止まらない等といった症状から、目の前が真っ暗となって倒れてしまったそうです。

この時の症状について高岡さんは、精神安定剤を飲まずに舞台に立とう思い、薬を飲まなかったことが原因だと後に語っています。

数年間、うつ病と闘ってきた高岡さんですがテレビドラマ「ROOKIES」に出演、この作品で出会った共演者との友情でうつ病が緩和されていったといいます。

しかし、2017年3月末、所属事務所ジャパン・ミュージックエンターテインメントを退社されています。
 

スポンサーリンク