芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 潰瘍性大腸炎 > 若槻千夏が潰瘍性大腸炎(UC)を告白

若槻千夏が潰瘍性大腸炎(UC)を告白

若槻千夏(潰瘍性大腸炎・UC)

タレントの若槻千夏さんが潰瘍性大腸炎を発症したのは2006年彼女が22歳の時でした。

当時、おバカキャラがはまりバラエティ番組等で引っ張りだこで多忙なスケジュールを極めていた時期でもあり、この報道は世間に衝撃が走りました。



若槻さんは一時期は神経性胃炎を患ったということでしたが、その後は潰瘍性大腸炎が発覚し、治療のため療養を発表。

その後、療養から2ヶ月後に仕事へ復帰を果たしますが、いつ再発するかわからない病気であることからレギュラー番組は降板せざるを得ない状況でした。

ストレス性も疑われ、若槻さんはさんまさんが司会を務める番組に出演するため、移動中の新幹線の中で吐きそうになるほど胃が痛かったとを後に告白。

当時、所属事務所から正式に潰瘍性大腸炎だと公表していましたが、急な休養と復帰後の激ヤセ写真がファンの間で話題となり、育児疲れ・うつ病など様々な噂が飛び交うという事態に発展しました。

その後、私生活では2012年には一般男性と結婚をして第一子の女の子を出産、2017年には第2子を無事出産されています。


スポンサーリンク
HOME