芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 子宮筋腫 > 森三中・大島美幸が子宮筋腫を告白

森三中・大島美幸が子宮筋腫を告白

大島美幸※森三中(子宮筋腫)

お笑い芸人の森三中・大島美幸さんが2014年5月から妊活休業と称して、子宮筋腫の治療をしていたことがメディアで取り上げられました。

大島さんは過去2回妊娠をしているのですが、流産という辛い経験をされています。



2回目の妊娠は双子だったといいます。子宮筋腫が確認されており、この筋腫が問題になっていた可能性が考えられます。

この子宮筋腫が大きくなった事実を知った大島さんは、妊娠のために芸能活動を休んで妊活休業に入りました。

大島美幸ご主人の鈴木おさむ氏のブログによるとUAEという治療方法を選択されたとのことです。治療をはじめてから約1ヵ月ほどで筋腫は小さくなり、妊娠が可能な状態になったといいます。

その後、人工授精で妊娠することになるのですが、流産を経験している大島さんは、安定期に入るまではとても心配だったと語っています。

鈴木氏のブログの中で妊娠して6週目に主演映画の仕事がありましたが、周りの協力もあって無事に撮影が終了したと話している。

そして2015年6月に男児を出産。ご主人と共に子育てを楽しまれている様子をブログで報告している。

出産後、夫の鈴木おさむのインスタグラムで大島さんと生後5ヵ月の長男、笑福(えふ)ちゃんのツーショット写真が公開され、「痩せた」「美人になった」と話題になった。


スポンサーリンク
HOME