芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 子宮筋腫 > 中山美穂が子宮筋腫を克服

中山美穂が子宮筋腫を克服

中山美穂(子宮筋腫)

2014年3月、歌手で女優の中山美穂さんが子宮筋腫であることをツイッターで明かした。中山さんは2004年に長男を出産しており、その数年後に発覚したものだと考えられます。

当時、中山さんは貧血から鉄分補給の薬を服用していたと公表しており、その原因が子宮筋腫ではないかと言われています。



ご本人は「もう閉経待ちで構わないと思っていたんですけどねえ」と話していますが、新しい恋人の影響もあり、治療に踏み切ったのではないかと考えられます。

同年6月30日に「体内にあった筋腫は、ほとんどなくなってました」とツイッターで子宮筋腫消失の報告があり、その治療法が当時話題となりました。

中山美穂中山さんの場合、子宮筋腫を切らずに治療をするUAE(子宮動脈塞栓術)という治療方法でした。

元々、この治療法は出産時の大量出血の止血のために活用されていましたが、フランスで応用されて子宮筋腫の治療に利用されるようになりました。

当時の中山さんはフランスに住んでいたということもあり、治療の選択として切らずに完治できました。

このUAEは再発も少なく、子宮筋腫の治療に有効とされ2014年3月から日本でも保険が適応されるようになっています。


スポンサーリンク
HOME