ホーム > 癌を告白した芸能人 > 腎臓がん(腎がん) > 田崎佑一が腎臓がんで手術を受ける

田崎佑一が腎臓がんで手術を受ける

2017年11月22日にお笑いコンビの田崎佑一さん(当時36歳)が腎臓がんの手術を受け、入院していることが30日にわかりました。

同年の夏に人間ドックを行った際、左側の腎臓に腫瘍が見つかります。

当時、発覚した腫瘍が悪性の可能性があることを医師から告げられており、田崎さんは「頭が真っ白になった」と後に語られています。

田崎さんは8月29日に結婚されており、腫瘍が見つかったのは結婚直前の出来事でした。
 

スポンサーリンク

田崎さんの腫瘍の大きさは約2.5cmとなり、腎臓がんは、腫瘍が4cm以下で発覚して治療を行った場合、約8割の方が完治する可能性が高く、再発率も低いと言われています。

藤崎マーケットそのため、すぐに手術を行わず、仕事のスケジュールを調整し、腫瘍発覚から約3ヵ月後の11月21日に大阪市内の病院に入院しました。

翌日の22日に左腎臓の一部を切除する腹腔鏡手術が行われました。

摘出した腫瘍の病理検査を行ったところ、悪性であったため左腎臓がんという診断になりました。

田崎さんの場合、人間ドックでの早期発見が不幸中の幸いだったことが言えます。

また、がん転移の心配もないとのことでした。

その後のサンケイスポーツの取材に対し、「まさか自分ががんになるとは思わなかった」と語っています。

術後の経過は良好とされ、12月1週目には無事に退院され、仕事復帰を果たしています。
 

スポンサーリンク