芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人等のメディカル医療ニュース
ホーム > 関節リウマチ・膠原病 > 堀ちえみが関節リウマチを告白

堀ちえみが関節リウマチを告白

堀ちえみ(リウマチ)

2017年3月28日、タレントの堀ちえみさん(当時50歳)がリウマチであることを公式ブログで公表しました。

公表する約1週間前の3月20日に35周年ライブを開催した堀さんですが、ライブ後に公表しようと事前に決めていたそうです。



ライブに来てくれていたファンに、トークでリウマチの治療中であることを告白。

堀さんは昨年の3月頃から、体の痛み、怠さ、右手の腫れといった症状に悩まされており。翌月4月に人間ドックでリウマチに関連する数値が高いことがわかったそうです。

堀ちえみ以前から股関節外来でお世話になっていた総合病院を受診し、初期のリウマチが発覚。治療を開始しました。

また、堀さんはリウマチと同時に神経障害性疼痛も患っていることを公表しています。

神経障害性疼痛について堀さんは「身体がピリピリと痛み、かなりきつかったのですが、いいお薬を処方してもらい、だいぶ身体が楽になりました」とブログでコメントしている。

リウマチ治療に関しては、週に1回だけ朝と夜の寝る前の1日2回の薬を服用、週に1回なので飲み忘れそうになることがあると語られています。

また、薬の副作用の影響で気持ちが悪くなることがあり、そんな時には眠って過ごしているそうです。


スポンサーリンク
HOME