ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 感染症 > 楽しんごが急性腹膜炎で入院・手術

楽しんごが急性腹膜炎で入院・手術

お笑い芸人の楽しんごさんが自身のツイッターを更新し、急性腹膜炎で入院・手術したことを報告しました。

楽しんごさんは、仕事中に右脇腹に鈍痛を訴えます。最初は我慢をしながら仕事をされていたそうです。

しかし、痛みがどんどん激しくなり、限界がきて意識もうろうとする中での病院へ搬送されることに。

検査の結果、診断は急性腹膜炎となり、手術が決まります。治療が遅れると生命にかかわる病気です。
 

スポンサーリンク

本人は盲腸炎と思っており、手術は1時間くらいで終わると思っていたそうですが、実際の手術時間は4時間以上になります。

2017年5月ツイッターでは、当日の様子をお姉さんが代理で更新されています。

そもそも急性腹膜炎とは、肝臓や胃、腸などの臓器が入っている空間を腹腔といい、腹腔の内側や臓器の表面を覆っている膜を腹膜と呼びます。

楽しんごこの腹膜に炎症が起きた状態を腹膜炎と呼び、中でも急速に発症したものが急性腹膜炎です。

病状が進行するとショック状態に陥ることもあり、命にかかわることもあります。

治療は手術が一般的で手術時間は4~5時間、こじらせると3、4週間の入院が必要に場合もあります。

楽しんごさんは手術後、ベットの上の姿の写真をツイッターをアップし、病状についてコメントしています。

医師からはかなり危ない状態だったと説明を受けており、4か月前に受けた人間ドックでは何も異常はなかったといいます。

4月の都内で行われたイベントでは、体重が22キロも増えたことを告白しており、今回の病気も「原因は激太り?」と自虐的にネタにしています。

所属事務所によると医師の診断に従い入院し、静養すると発表しています。
 

スポンサーリンク