ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 婦人科・女性疾患 > 宇多田ヒカルが卵巣腫瘍を告白

宇多田ヒカルが卵巣腫瘍を告白

日本を代表する歌姫・シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんが卵巣腫瘍を患ったのは2002年、彼女がまだ19歳の時でした。

宇多田ヒカルアメリカでの活動が本格的になりはじめ、国内でも多忙を極めていた時期ですね。

幸い良性の腫瘍でしたが左側の卵巣に約5センチの腫瘍ができて腫れており、左卵巣を全摘出することになります。

手術の際、宇多田さんは「私、妊娠できますか?」と医師に確認したといいます。

術後の治療は「偽閉経治療法」というもので女性ホルモンを抑えて、閉経した状態を薬で保つことで卵巣の働きを抑える方法でしたが、更年期障害と同じような副作用に悩まされ辛い治療だったようです。

スポンサーリンク

4月に手術を受け、この副作用のためにしばらく音楽活動を休養していましたが同年6月にリリースされるアルバムのプロモーション活動のため、雑誌・ラジオ等で活動しています。

手術後初めてのレコーディングではお腹に力を入れるのが怖く、思うように歌えたかったという苦労話も本人が語られています。

そして同年9月に結婚することになるのですが、結婚後は周囲から「子どもはまだ?」と聞かれる度にプレッシャーを感じていたと話しています。

自身のツイッターでは腫瘍摘出に関して「子どもが産めなくなることはない」とフォロワーとのやり取りがありました。

ツイッタ―では婦人科系の病気を患うと「子どもが産めない体になるのでは?」という偏見を持つ人が多いので、積極的に話題にした方がいいという持論を展開しました。

その後、離婚をして音楽活動もしばらくお休みすることになります。

2013年には実母が亡くなるという悲しい出来事がありましたが2014年には再婚。2015年の7月には無事に第一子の男児を出産され、元気に子育てをされています。

スポンサーリンク