芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 頸部リンパ節腫脹 > 小堺一機が原発不明頸部リンパ節転移を克服

小堺一機が原発不明頸部リンパ節転移を克服

小堺一機(原発不明頸部リンパ節転移)

タレントの小堺一機さんが2004年に首の腫瘤を切除する手術を受けられました。

小堺さんは、家でひげを剃っている時にしこりを発見、かかりつけ医に相談して検査をした結果、原発不明頚部リンパ節転移との診断。



原発不明頚部リンパ節転移とは、原因となるがんが確認されないまま首に転移したがんを指します。

小堺さんの場合、首の右側に直径2~3センチの腫瘤、左側に小さな腫瘤が確認されており、針生検にてがん細胞と診断されました。

小堺一機摘出手術は成功し、主治医から「(がん細胞は)すべて摘出したので転移の心配はない」とのことでした。

小堺さんは、がんという病名を聞いて「やっぱり、死ぬんだ」と最初は思われたそうですが、治療については落ち着いていたとコメントしています。

手術後の経過は順調で約1か月の自宅療養期間を経て仕事に復帰されました。

入院期間等の詳細に関しては誰にも言わなかったそうです。退院した時の友人や仲間からの励ましの言葉がとても嬉しかったと話している。

復帰後に禁煙をしますが、がんになったから禁煙した訳ではないそうです。

その後、小堺さんは「特別なことは何もしていない」食べたいものを食べ、お酒も飲み、タバコもストイックにやめるわけでなく、楽しい場での1本のもらいタバコをするといった生活を送られているとのこと。

小堺さんは、毎月1回、主治医・喉ポリープの専門医・免疫系の3人の先生に診てもらい、PET(陽電子放射断層撮影)検査なども定期的に行っているそうです。


スポンサーリンク
HOME