ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 加藤茶が解離性大動脈瘤で10時間の大手術

加藤茶が解離性大動脈瘤で10時間の大手術

2005年春、健康診断の精密検査を受けた加藤茶さんは、狭心症と診断されました。

原因は不摂生な食生活。いつ心筋梗塞が起きてもおかしくない危険な状態だった為、動脈硬化を起こしている部分にステントと言う特殊な金属の筒を入れて血管を拡げる手術を受ける事になりました。

その後食生活や生活の改善を医師から助言されたましたが、その後も変わらずめちゃくちゃな生活を続けていた加藤茶さん。
 

スポンサーリンク

そんな生活を続けていた加藤茶さんに異変が起きたのは地方での仕事帰り、ホテルに戻った時でした。突然胃のあたりに痛みを感じ、そのまま痛みは背中や肩にまで移動していったそうです。

具体的には激しいみぞおち辺りの痛み、不快感、背中や肩を丸太で殴られたような痛み。全身の倦怠感、そして38℃近くの発熱などでした。

この症状は、その後もしばらく続きましたが、仕事を休む訳にもいかないので病院へは行かずに仕事を続けておられてたといいます。

それから半年後、症状が改善されない為、ようやく病院で検査することを決意した加藤茶さん。腹部CTを撮った医師は「すぐに大学病院で入院しましょう」と言い、そのまま救急車で大学病院へと運ばれました。

医師から告げられたのは「解離性大動脈瘤(大動脈解離)」。

解離性大動脈瘤とは、動脈内膜に亀裂ができて内膜と中膜の間に
血液が入り込み、2枚の膜が剥がされどんどん裂け目(解離)が広がっていくという物。血管が裂けるので発症時に強い痛みを伴う特徴があるようです。

加藤茶突発的に胸、背中、腹部に激しい激痛を感じた場合は、解離性大動脈瘤の可能性もあるので、すぐに医療機関を受診しなければ命に関わることになります。

加藤茶さんのように長年暴飲暴食をしたり、不規則な生活を続けている人や肉などのコレステロールの高い食事を続けていると、血液中に増えた悪玉コレステロールが血液の壁の中に入り込んで動脈硬化を引き起こすことが原因になります。

加藤茶さんの場合は、大動脈は心臓近くから腹部にかけて裂けていたそうですが、治療には大きな問題があったようです。以前狭心症を発症した事で飲んでいた血液を固まりにくくするする薬を服用していたため、治療には大きな問題がありました。

このまま手術すれば、出血が止まらずに死亡する危険性が高いと判断され、薬の効果を弱めるために時間を置く事になった。しかし、いつ破裂するか分からない爆弾を体に抱えた状態で何も出来ない恐怖はどれほどの物だっただろうと思います。

2006年、緊急入院して5日目に医師達は、これ以上待てば破裂の危険性もあると判断し、ついに手術が決定しました。手術の内容は大動脈の一部を人工血管にとりかえるという物で、約10時間におよぶ大手術は無事成功しました。
 

パーキンソン症候群であった事を告白

それから5年後の2011年、当時68歳の加藤茶さんは当時23歳の女性と再婚をして世間を騒がせました。年の差は45歳で夫婦でテレビ出演する事も増えていましたが、加藤茶さんの出演番組で様子がおかしいと重病説が流れる事となります。

これに対し2015年5月、加藤茶さんは番組でパーキンソン症候群であった事を告白されました。パーキンソン症候群とは別の原因により生じるパーキンソン病の症状の事で主な症状は手足の震え、筋肉が固くなる事により体が動かかしにくくなる、方向転換時にふらつく、などがあるようです。

問題となったロケの前の日に「手足が震えていた。旅のロケから帰って、ご飯も食べることができなかった」と妻である綾菜さんは番組で話されていました。

ロケが終わり帰宅した時には手足の震えが止まらない状態であった為、車で病院へ向かい即入院、診断されたのがパーキンソン症候群だったのです。

加藤茶さんの場合は、薬の飲み合わせで胃薬の一つが合わず副作用としてパーキンソン症候群になっていたそうですが、現在は問題なく過ごせており元気な姿を番組で見せておられました。
 

スポンサーリンク