ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 膠原病・リウマチ > 叶和貴子が関節リウマチを告白

叶和貴子が関節リウマチを告白

1991年の年末に女優の叶和貴子さん(当時35歳)が関節リウマチの可能性があることが明らかになりました。

お芝居の稽古で多忙な日々を送っていたある日、高熱・喉の扁桃の腫れ・悪寒・異常な体の痛みを感じ、病院で血液検査を受けた際、関節リウマチの疑いがあることが告げられました。

担当医師に専門医の検査を勧められましたが、症状が治まったためこの時は病院に行かなかったという叶さん。
 

スポンサーリンク

その後も仕事で多忙な日々を送っている中、疲れが出ると体の痛みを感じ、朝起床時に手がこわばるといった症状がありました。

不安を感じた叶さんは、専門科を受診して検査を行ったところ関節リウマチであることが判明しました。

叶和貴子この診断は最初に症状が出てから2~3年経過していました。

その後、注射と薬の服用で治療を行い、仕事の時はステロイドの関節注射を打ち、痛みに耐え舞台に出演されていたといいます。

叶さんは予定していた舞台が千秋楽を迎えた後、芸能活動休止期間に入りました。

休止期間中は舞台で無理をしていた影響なのか、急に足腰が立たなくなり、横になっていても痛みが酷く、ベッドから起き上がるだけで30分もかかるような状態だったと話します。

その後、治療を続けますが痛みが完全に無くなることはないものの次第に体が慣れていき、痛みを軽減させる方法を見つけ、自身で痛みをコントロールできるようになったそうす。

1997年から2000年の3年間の休養期間を経て、音声の仕事で復帰を果たし、その際に関節リウマチであったことを公表されています。

現在の叶さんはテレビ・ラジオに出演するだけでなく、健康をテーマにした講演会も行っています。
 

スポンサーリンク