芸能人のがん・難病・病気まとめ
芸能人メディカルNEWS速報
ホーム > 十二指腸がん > 辛坊治郎が十二指腸がんを克服

辛坊治郎が十二指腸がんを克服

辛坊治郎(十二指腸がん)

2012年、ニュースキャスターの辛坊治郎さんが十二指腸がんを発表。

辛坊さんは、小型ヨットによる太平洋横断へのチャレンジ企画に参加するため、健康診断をすることになります。



この時、胃内視鏡検査をオプションで(3千円)で何気なく追加しました。

検査の結果、初期の腫瘍が発見されるのですが、良性か悪性かは手術後の病理検査を待つことになりました。

同年12月19日に内視鏡による十二指腸腫瘍の摘出手術を行い、朝番組に病院から直行して出演している。「私、病院からやってきました。今日手術なんだよ。テレビ出て解説してる場合じゃないだろ」とコメントされています。

手術で切除したの腫瘍は1.5センチ。病理検査では悪性腫瘍(がん)という結果になりました。

摘出手術から約3カ月後の2013年3月に肺に影が見つかり、転移の可能性がある事を告白。

この結果次第でヨット企画はどうなるものか?と本人も心配していましたが、4月のCT検査で転移は確認されませんでした。

その後、太平洋横断に臨みましたが、出発して間もなく鯨と思われる生物と衝突してヨットは浸水。約10時間を四角漂流したのち自衛隊に救助されています。


スポンサーリンク
HOME