ホーム > 難病を告白した芸能人 > GENKINGが突発性難聴とメニエール病をブログで告白

GENKINGが突発性難聴とメニエール病をブログで告白

GENKINGさんはInstagramで、謎の身男子として今話題になっているタレントさんです。

年齢や本名は非公開ですがファッションセンスの良さとモデル並みのルックスでバラエティーなどに出演。「やーよ!」のフレーズでオネエ系(ご自身ではニューキャマ系と定義されています)のキャラとして大活躍されています。

そんなGENKINGさんがブログで、メニエール病突発性難聴を患っている事を告白したのは2015年6月の事でした。最初は「話題作り」と誹謗中傷も受けたそうですが、これはファンから「透析を続けていて辛い」と言う悩みに応えたブログでした。
 

スポンサーリンク

メニエール病とは内耳の病気で主な症状はめまいや難聴、耳鳴りです。突発性難聴は突発的に聴力が低下する原因不明の疾患で、こちらも耳鳴りや強いめまいを伴います。

GENKING「左右は殆ど聞こえない」「病気になり、1年間は聞こえ方にバランス感覚がうまくつかめなくて、真っ直ぐ歩けなかったり、大好きなクラブも耳栓をつけて行ってたの」と当時を振り返るGENKINGさん。

突発性難聴の主な原因は精神的、肉体的ストレスだと言われており、心身ともに安静にする事が重要になるようです。また現段階で突発性難聴に対する色々な治療方法は検討されているものの、どの治療法が最も有効かどうかは未だ明らかにはなっていません。

GENKINGさんは、発症後すぐに即入院されたそうで「首に毎日血流を良くする注射をし、高圧酸素治療をし、それでも左はほとんどダメ。毎日セミが鳴いてるような耳鳴りがする。耳鳴りって聞こえない音域が耳鳴りするから、右はセミのミンミンみたいな耳鳴り、左は高音のキーンが常になっている」と病状をブログに綴っています。

また右耳が聞こえなくなる可能性についても「未来が不安で仕方なかった」と語り、「今もそれは不安で仕方ないけど、いつなるか分からない事を不安に生きるより、毎日をもっと楽しもうと思って今は生きてます」と不安や辛い時期を乗り越えた経緯を伝えました。

また病気を明かした事について「見てる側の人はなぜこのタイミングで病気を発表?と思うかもだけど、このブログを見ている人は昔から何度も病気について話している事も分かるはず。

僕は自分の病気に同情して欲しいんじゃなく、病気で苦しんでいる人の少しでも支えになればと思ったの」と同じように病気で苦しむ人へ向けてエールを送りたかった事を説明されています。
 

スポンサーリンク